【ストーカーの盗聴?乗っ取り?不正アクセス被害?】スマホやパソコンが覗き見られてるかも…

次へ
スマホやパソコンの調査

そんなときは、
サイバー調査をご検討下さい。

スマホ、携帯電話、タブレット、パソコンが、ストーカーからハッキングされてる?盗聴・乗っ取り・不正アクセスなどをされてる?とご不安を感じたならば、サイバー調査で被害状況確認&ストーカー対策をしましょう。
1

被害確認調査

スマホ、タブレット、パソコンの監視や盗聴、乗っ取り、不正アクセス被害確認の調査
本当にストーカーからハッキング(監視、盗聴、遠隔操作、不正アクセスなど)の被害を受けているのか、思い違いではないのかとご不安のときに、被害の有無を確認する調査です。
2

証拠収集調査

監視、盗聴、乗っ取り、不正アクセス等の証拠収集の調査
加害者(ネットストーカー)に対して法的措置を行うために必要となる、ハッキング(監視、盗聴、遠隔操作、不正アクセスなど)のデジタル証拠を収集する調査です。
3

犯人特定

監視や盗聴、乗っ取り、不正アクセス等の犯人(加害者)特定
加害者(ネットストーカー)がどこの誰だかを突き止める調査です。法的措置をご検討の際に必要となります。
4

法的措置

弁護士等の法律専門家による法的措置
ハッキング(監視、盗聴、遠隔操作、不正アクセスなど)の不法行為を止めさせる、慰謝料を請求する、警察へ告訴するなど、法律専門家による法的措置です。
サイバー犯罪を法的に撃退!
次へ

犯人の目的は何?

ストーカー?
嫌がらせ? イジメ?
詐欺などの犯罪?
犯人の目的がいずれの場合でも、犯行の手口などは似ているケースが多いのよ。
良くある事例では、次のような攻撃や被害が多いわ。

監視

  • メール、LINEなどの盗み見の被害
  • SNSなどへの不正アクセス被害
  • ホームページ閲覧履歴の監視被害
  • インターネット検索履歴の監視被害
  • ネット通販の購入履歴の監視被害
  • ネット回線や電波の通信傍受の被害
  • 盗聴、盗撮の被害
  • スマホのGPS位置情報の監視被害

攻撃

  • スマホ、携帯電話、パソコン、タブレット等の、乗っ取りや遠隔操作
  • ネットワーク侵入、サーバー侵入
  • ウィルスや不正プログラムの感染
  • データを盗む、書き換える、破壊する
  • データや情報を漏洩させる
  • パソコンやスマホを詐欺などの犯罪に使用
  • 個人情報を詐欺などの犯罪に使用
次へ

解決への手引

ストーカー対策はどうしたら良いか。
状況ごとに最適な解決の流れをご提案します。
手引 1

被害にあっている事を、周りの人達が信じてくれない場合。

「メールやLINE(ライン)を見られてる」「スマホが乗っ取られた」「盗聴されている」
と言っても、誰にも信じてもらえず、泣き寝入りや孤軍奮闘をしている被害者が多くいます。
被害者にとってそれは、とても辛いことです。

しかし信じてもらえないのは、仕方のないことなのかもしれません。
コンピュータの乗っ取りや遠隔操作、ネットワーク侵入などのハッキングといったサイバー犯罪は、一昔前までは、企業などが「カネ目当てのハッカー」から狙われる、というのが主なものでした。
しかし現代ではパソコンやスマホが広く一般に普及し、人々のコンピュータスキルも向上したため、「出来心」や「魔が差して」、不法行為を行ってしまう者が増えました。

また、加害者がストーカーだけであるとは限りません。
詐欺師などの犯罪者や、迷惑メール業者などが、不法行為を行うための踏み台としてスマホやパソコンを乗っ取ることなどがよくあります

このように、誰しもがサイバー犯罪に巻き込まれる危険がある、という状況となっているのです。
でも、ほとんどの人はその事実を知りません。
だから「乗っ取られた」「盗聴されている」と言っても、「まさか・・・」と、にわかには信じられないのです。
まずは何よりも、周りの人達の理解を得られるように、「被害を受けていること」を証明しましょう。
メールやLINE(ライン)の盗み見、ホームページの閲覧履歴や検索履歴の監視、SNSの不正アクセスなどといった被害については、「被害確認調査」を行えば明らかになります。
スマホ、タブレット、パソコンの被害確認の調査

被害確認調査

料金:10万円~
スマホ、タブレット、パソコンなどが、ストーカーなどの加害者からハッキング(監視、盗聴、遠隔操作、不正アクセスなど)されていないかを調査するサービスです。
※遠方の場合は交通費等の費用が掛かる場合がございます
続きを開く
手引 2

本当に被害を受けているのか、思い違いではないか、と、自分でも確信が持てない場合。

「プライバシーを盗み見られている気がする。」
と感じたならば、それが事実なのかどうなのか、早急に確認しなければなりません。
「誰かに監視されている気がする」と周りの人に相談しても、
は?なにそれ。気にしすぎでしょ。被害妄想でしょ。」と決めつけられて、真剣に考えてくれないでしょう。
「何を言ってんだこの人」、と思われてしまいます。
この状況で警察や弁護士に相談しても、まともに取り合ってくれないので、問題は解決できません。
まずは、「被害の有無」と「被害の内容」をハッキリさせましょう。
何もハッキリしていないままでは、何も対処ができないからね。
監視されている気がする」「乗っ取られたかもしれない」「たぶん、あの人の仕業だ」という不確かな状態では、他人からは「被害妄想だ」と決めつけられてしまいます。
しかし、「調査会社に依頼したら、監視・盗聴・不正アクセスされている事実が明らかになった」と言えば、誰もが状況を理解してくれるはずです。

調査の結果、本当にストーカーから監視や乗っ取りの被害に遭っているケースもあれば、そうでなかったケースもあります。
ウィルスなどに感染していて、それをストーカーの仕業だと勘違していたケースも良くあります。
また、ストーカーではなく、詐欺師など金銭目的の犯罪者の仕業だったり、迷惑メール業者の仕業だったり、海外ハッカーからの無差別攻撃だったり、というケースも良くあります。
被害状況や原因などが明らかになれば、それに応じて適切な対処ができるようになります。
ストーカーの疑いがあるならば、犯人特定や法的措置を行って撃退すれば良い。
ウィルスの疑いがあるならば、駆除してセキュリティをアップデートすれば良い。
犯罪者の疑いがあるならば、警察に対応してもらえば良い。
このように適切な対処をするためには、被害状況を確認する調査を行い、「被害の有無」と「被害の内容」を明らかにする必要があるのです。
スマホ、タブレット、パソコンの被害確認の調査

被害確認調査

料金:10万円~
スマホ、タブレット、パソコンなどが、ストーカーなどの加害者からハッキング(監視、盗聴、遠隔操作、不正アクセスなど)などされていないかを調査するサービスです。
※遠方の場合は交通費等の費用が掛かる場合がございます
続きを開く
手引 3

被害を受けているのが、誰の目にも明らかだが、証拠が無い場合。

誰の目にも明らかとは、例えば次のような被害がある事を言います。
■インターネット上だけでなく、現実に嫌がらせや、つきまといの被害を受けている。
■個人情報やプライバシー情報がインターネットに流出している。
■プライベートなデータがインターネットに流出している。(メール、LINE(ライン)等のメッセージ、写真、動画など)
■誰かが自分になりすまして、インターネットに書き込みなどをしている。
■インターネット通販で、身に覚えがない注文が行われている。
■自分のスマホやパソコンから、身に覚えがないメールが送信されている。
■SNSなどのWebサービスで、身に覚えがないログイン履歴がある。
など。

このような被害を受けているならば、一刻も早く、犯人を特定して何らかの対処をすべきです。
まずは、不法行為の事実を証明する“証拠”を掴む必要があります。
証拠があれば、犯人特定、法的措置(慰謝料請求や差止請求など)、警察への告訴などといった対処ができます。
逆に証拠がないと、何も対処できません。
ですので、まずは、証拠を掴むための調査を行う必要があります。
ちなみに、加害者に対して慰謝料請求をすれば、大半のケースでは調査費用等を全額回収できます。
ネットストーカー、不正アクセスなどの証拠収集の調査

証拠収集調査

調査費用:30万円~
ストーカーなどの加害者から監視、盗聴、不正アクセスをされている証拠を掴む調査サービスです。
※事案ごとに料金が異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。
※遠方の場合は交通費等の費用が掛かる場合がございます
続きを開く
手引 4

被害の証拠はあるが、犯人を特定できていない場合

まずは、今お持ちの証拠が、法的措置で使えるものなのかどうか(証拠能力の有無)を確認する必要があります。
証拠能力があるならば、その証拠を元にして、犯人特定、法的措置(慰謝料請求や差止請求など)、警察への告訴などといった対処ができます。
逆に、証拠能力がないと、何も対処できません。
弁護士などの法律専門家に、証拠能力の有無を確認して貰う必要があります。
弊所にご相談頂ければ、提携の法律専門家が確認いたしますので、不明な場合はお問い合わせ下さい。
証拠能力がある場合は、犯人特定の調査を行いましょう。
ストーカーなどの加害者の特定

加害者特定

要見積
監視、盗聴、不正アクセスをしているストーカーなどの加害者を特定するサービスです。
※事案ごとに料金が異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。
※遠方の場合は交通費等の費用が掛かる場合がございます
続きを開く
手引 5

証拠があり、犯人も特定できている場合

まずは、今お持ちの証拠が、法的措置で使えるものなのかどうか(証拠能力の有無)を確認する必要があります。
証拠能力があるならば、その証拠を元にして、加害者への警告や和解交渉、法的措置(慰謝料請求や差止請求など)、警察への告訴などといった対処ができます。
逆に、証拠能力がないと、何も対処できません。
弁護士などの法律専門家に、証拠能力の有無を確認して貰う必要があります。
弊所にご相談頂ければ、提携の法律専門家が確認いたしますので、不明な場合はお問い合わせ下さい。
証拠能力がある場合は、弁護士などの法律専門家と相談して、どのような措置をとるかを決めましょう。
■法律専門家による和解交渉(示談交渉)
■慰謝料請求の検討
■裁判所への訴訟の提起
■警察への告訴
など。
ストーカーなどの加害者に対する法的措置

法的措置

要見積
※法的措置は、弊所提携の法律専門家をご紹介いたします。。
続きを開く
次へ
1,まずは証拠収集
2,証拠をもとに犯人を特定
2,法的措置や慰謝料請求等
これが対処の基本の流れです。
調査の内容や料金・費用は、個別の事案ごとに異なりますので、お気軽にお問い合わせ下さいね!

「ネットストーカー対策相談窓口」とは?

法律専門家、調査会社、IT技術者などが共同運営する「プラス相談サロン - サイバー犯罪対策係」の、ネットストーカーや、コンピュータ関連の不法行為の相談窓口です。
嫌がらせや誹謗中傷、不正アクセス、監視・盗聴・盗撮などのトラブルに対して、対策の無料相談や、解決・予防のサービスを行っております。
スマホ・パソコンのサイバー攻撃検査|Dr.セキュリティ