現代版の(違法な)浮気・不倫の確認方法

インターネットで様々なハッキングツールが出回っているため、スマホやパソコンに詳しくない人でもサイバー攻撃を実現できてしまうという状況にあります。

そのような現代では、夫や妻がスマホなどにサイバー攻撃(遠隔操作や不正アクセス等)をして、浮気をしていないか調べようとする事案が、少なくありません。
  • 「妻がスマホに不正アクセスしたため、浮気相手とのメールLINE(ライン)を見られてしまった。」
  • 「夫が勝手に、自分のスマホに遠隔操作アプリをインストールし、GPSで位置情報を追跡されたため、自分の行動がバレてしまった。」
違法な手段で収集した情報は、法的には浮気の証拠として認められませんが、ご主人や奥様に浮気の事実を知られてしまうことに変わりはありません。
ご主人や奥様が、それらの手段で浮気の事実を確信したら、浮気現場に突撃されたり、探偵・興信所を雇ったり・・・
慰謝料、調停や裁判、離婚、親権の取り合いなどなど・・・
修羅場になることは必至です。

浮気相手に対する嫌がらせのサイバー攻撃

  • 「既婚者である彼氏が、奥さんに浮気がバレてしまい、浮気相手である私(のスマホ)に対して嫌がらせをしてくるようになった。」
というケースもあります。

浮気相手のプライバシーを覗き見て知った情報をもとに、暴露されたり、誹謗中傷をされたり、情報をインターネット上に流出・拡散させたりなど。
あの手この手で嫌がらせをしてきます。
勝手に出会い系サイトに登録されたり、性風俗系のサービスに申し込まれたり・・・
勝手にネット通販を利用されてしまい、不快な商品が届くといったこともあります。

スマホの「乗っ取り」や「遠隔操作」って、そんな簡単にできるの?

「遠隔操作アプリ」や「遠隔操作ウィルス」という言葉を聞いたことがありませんか?
その手のアプリやウィルスは、インターネットで簡単に手に入ります。
一部は有料のものもありますが、多くは無料でダウンロードできてしまうのです。
また、サイバー攻撃のやり方は、インターネットを調べれば分かりますので、ハッカーでない普通の人でも、乗っ取りや遠隔操作を実現できてしまうのです。

うちの旦那・妻が、ハッキングをできるとは思えないのだけど・・・

パソコン知識がほとんど無くても、実現できてしまうサイバー攻撃があります。
その代表例は、なりすましによる「不正アクセス」です。
なんらかの方法で他人のID・パスワードを入手すれば、他人に“なりすます”ことができてしまいます。
他人になりすませば、その人のプライバシー情報をWebサービスやクラウドなどから入手することができてしまうのです。
  • 夫がパスワードを入力する動作を、妻が横目で見ていて、夫のパスワードを盗用して妻が夫になりすまし、メールやLINE(ライン)を覗いた。
  • 妻のニックネーム、生年月日、趣味などからパスワードを推測し、夫が妻になりすましてアクセス制御を回避し、スマホ、サーバー、ネットワーク等に不正侵入した。
生活を共にする夫婦であれば、相手のパスワードを知ることなど容易いですし・・・
このような、不正アクセスによる浮気・不倫の事実確認は、実際に良くあることなのです。

サイバー攻撃を完璧に防ぐ方法は、残念ながらありません。

スマホやパソコン、OSやアプリの脆弱性は、無くなることがありません。
常に新しいセキュリティの穴が見つかり続けています。
また、新種のウィルスも発生し続けています。
ウィルス対策ソフトは、未知のウィルス、新種のウィルスは防げませんので、ウィルス対策ソフトをインストールしているからと言って安心はできないのです。

スマートフォンを使用している以上、サイバー攻撃から逃れることはできません。
旦那様・奥様が“その気”になれば、スマホを悪用して、あなたの行動を監視できてしまうのです。

「もしかして、夫 or 妻に監視されてる?」と思ったら、調査をご検討下さい。

弊所では、遠隔操作や不正アクセスなどを調査する「サイバー調査サービス」を行っております。
「監視されているかも知れない・・・」と感じたら、弊所へ一度ご相談ください。
被害確認調査:税抜15万円~
スマホ・パソコンのサイバー攻撃検査|Dr.セキュリティ